Home> 1.保険てむずかしいアーカイブ

1.保険てむずかしいの最近のブログ記事

保険てむずかしい

保険て何?ちょっとむずかしい話

国や地方自治体などの政府が運営する公営保険と民間会社が運営する私営保険があります。

弊社がここでお話しするのは私営保険です。

そもそも保険とは、偶然に発生する事故(保険事故)によって生じる財産上の損失に備えて、多数の者が金銭(保険料)を出し合い、その資金によって事故が発生した者に金銭(保険金)を給付する制度。

つまり相互扶助が原則です。

また保険料は以下の3つの基本原則に基づき算定されています。

大数の法則

大数の法則とは、観測回数に対するその事象の実現回数の割合は、観測回数を多くすると計算上の確率に近づくという法則である。たとえば、サイコロを「n回」振って、1の目が出た回数を「r回」としたとき、1の目が出た回数の割合「n分のr」は、何回も何回もサイコロを振ってnを大きくしてゆけば、1の目が出る計算上の確率である「6分の1」に近づいてゆく。これを保険にあてはめると、ある保険事業において結ばれた保険契約のうち、ある期間に保険事故が発生する件数の割合は、保険契約の件数が充分に多ければ、保険事故の発生する計算上の確率に近づくということになる。

 

公平の原則

収支相等の原則が成立するには、各人で違うリスクの大きさによって、保険料を返る必要があります。(危険、事故、病気の確率が高い人には高い保険料、逆に確率が低い人には低い保険料)
この各人のリスクによって調節される、皆が平等になるようにしているのが、「公平の原則」です。



収支相等の原則

保険会社が同一のリスクを持つ保険契約者の集団から集めた保険料の総額と、保険会社がその集団の中で支払う保険金の総額とは等しくなくてはなりません。これを収支相等の原則といい、保険が継続的に安定して運営されるために要請されます。

 

保険運営の大原則です。保険料は保険会社が勝手に決めているわけではなく上記の法則が原則としてあります。

また、保険商品は、保険約款に基づいて締結される保険契約です。


保険約款は保険会社が定めた契約条項であり、契約の基本的な内容を定めた普通保険約款と、普通保険約款の規定を変更または補完している特別約款(特約)から成り、契約者は約款上の個々の条文について保険会社との間で変更の個別交渉を行うことはできません。


保険会社は経営上、多数の契約を迅速に締結する必要があるため、この契約方式を採用しています。 一方で、保険契約者・被保険者にとって不利な条項となるおそれもあるため、次の規制が講じられています。

  • 商法等の法律により保険約款の内容を規制(立法)
  • 金融庁による保険約款の認可・届出制(行政)
  • 解釈が分かれる場合は「作成者不利の原則」により契約者を保護、著しく不当な条項は裁判で無効(司法)
  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

Home> 1.保険てむずかしいアーカイブ

アーカイブ
購読
Powerd By

Return to page top