Home> 3.損害保険 > | 2.損害保険むずかし話 > 火災保険: 2016年5月アーカイブ

火災保険: 2016年5月アーカイブ

マンション共用部分用火災保険「マンションドクター火災保険」by日新火災

 

日本経済新聞より

 

損害保険各社はマンション管理組合が共用部分の損害に備えて加入する保険の保険料を相次いで引き上げている。昨年中に上げた損害保険ジャパン日本興亜などの上げ幅は2~6割程度。東京海上日動火災保険も4月から平均2割上げる。

 

マンションドクター火災保険は

メンテナンス状況の診断結果に応じて火災保険料を決定します。

 

だから保険料の割引を実現しました。

 

上記は「マンション管理適正化診断サービス」における診断結果に基づき、割引が適用された場合

 

1.火災だけでなく、自然災害やその他のさまざまな事故を幅広く補償します。

2.建物本体の共用部分に限らず、建物以外の構築物(掲示板・自転車置場等)も補償します。

3.管理組合および各区分所有者個人の賠償責任も補償します。

mannshon.gif

詳細はここ

 

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

Home> 3.損害保険 > | 2.損害保険むずかし話 > 火災保険: 2016年5月アーカイブ

アーカイブ
購読
Powerd By

Return to page top