Home> 4.どこに頼む保険契約アーカイブ

4.どこに頼む保険契約の最近のブログ記事

マンション共用部分用火災保険「マンションドクター火災保険」by日新火災

 

日本経済新聞より

 

損害保険各社はマンション管理組合が共用部分の損害に備えて加入する保険の保険料を相次いで引き上げている。昨年中に上げた損害保険ジャパン日本興亜などの上げ幅は2~6割程度。東京海上日動火災保険も4月から平均2割上げる。

 

マンションドクター火災保険は

メンテナンス状況の診断結果に応じて火災保険料を決定します。

 

だから保険料の割引を実現しました。

 

上記は「マンション管理適正化診断サービス」における診断結果に基づき、割引が適用された場合

 

1.火災だけでなく、自然災害やその他のさまざまな事故を幅広く補償します。

2.建物本体の共用部分に限らず、建物以外の構築物(掲示板・自転車置場等)も補償します。

3.管理組合および各区分所有者個人の賠償責任も補償します。

mannshon.gif

詳細はここ

 

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

消費者契約法とは

この法律における「消費者契約」とは、消費者と事業者との間で締結される契約をいい、損害保険契約も含まれます。代理店は、この法律の内容を十分に理解したうえで、保険募集に携わる必要があります。


(1)消費者契約法の目的


消費者契約法では、消費者の利益の擁護を図ることを目的として

・事業者の一定の行為により消費者が誤認、または困惑した場合、契約の申込みまたはその承諾の意思表示を取り消すことができる。


・事業者の損害賠償の責任を免除する条項、その他の消費者の利益を不当に害することとなる条
項の全部または一部を無効とする。


こととしています。


(2)損害保険会社および損害保険代理店の行為


消費者契約法における「事業者」とは、法人や事業として(または事業のために)契約の当事者となる個人のことをいい、損害保険会社だけでなく、損害保険代理店(代理人)も「事業者」とみなされます。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

どこに頼む保険契約

むずかしい保険代理店選び

ちょっと前までは親戚にあるいは友達があるいは商売先が「保険代理店をやっているので、そちらで契約をします。」という話が結構ありました。

しかし近年、保険会社のいろいろな基準をクリアーしていないと代理店をやらしてもらえずかなりの代理店が廃店となりました。

ので、そのような話は少なくなりました。

今後も保険代理店の数は減少していくことでしょう。

どのような保険代理店がいいか?

これはいろいろ考え方がありますので一概には言えませんが私なりの考えをまとめました。まったく勝手な意見なので該当しない方も多くいますのであしからず。

専用事務所を構えている
自宅の一室やまた保険会社の事務スペースを借りているのは個人情報の管理からいいましてもよろしくはないです。

 

保険専門で行っている
副業として代理店を行っている場合は保険専任者がいる。

 

複数人で代理店経営をしている
一人でも行えますがやはり病気などをする可能性もありますので複数人経営が望ましい。

 

ある程度の保険資格を持っている
初級資格でも募集はできますが、やはり上級以上の資格を持っていることが望ましいです。

 

事故処理に精通をしている
保険会社にまかせっきりの代理店もいますが保険会社の見解が間違えている場合もありますので、サジェッションできる代理店が望ましいです。

 

人間的に十分な資質を備え、品格などもある。
私はどうかわかりませんがやはりギャンブル好き・大酒飲み・いい加減な性格・金使いが荒いというのは問題がありますよ。

 

ある程度の若さも必要
年々人は老いるもの。しかし保険代理店は定年がないといってもむずかしい商品知識を習得。それをお客様に間違いなく説明できる脳の若さも必要。しかしあまり若いのも社会見識が少ないので問題点もあります。

 

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

Home> 4.どこに頼む保険契約アーカイブ

アーカイブ
購読
Powerd By

Return to page top